イモビライザー
トラブルの解決事例を見る
自動車に搭載されている防犯システムの名称です。欧米では1997年から装備が義務付けられ、日本でも年々標準装備している車が増えてきています。

イモビライザー搭載のカギの作成には専用の機械を必要とするうえ、要求される技術レベルも高くなります。弊社はイモビライザー作成に特化した技術スタッフを全国主要都市に配備しておりますので、カギ紛失の際は是非ご相談ください。

イモビライザーの仕組み


通常の車のカギは、鍵穴の中にあるピンとカギ山が一致することで鍵が回りエンジンがかかる仕組みになっています。対してイモビライザー搭載車の場合は、専用のカギにトランスポンダと呼ばれる小型のICチップが収納されております。そのICチップに入っている電子データと、車本体に登録されている電子データを照合し一致したっ場合のみエンジンがかかる仕組みになっています。
イモビライザー登録には専用の機械が必要ですが、その機械を持っている鍵屋は全国でもほとんどいません。
そのためイモビライザー搭載車の合鍵を作る際は、街に点在している鍵屋さんやホームセンターに持って行っても作成できないことがほとんどです。

イモビライザー搭載車の見分け方


車を購入されるときにイモビライザーが入っているかを確認して購入されるお客様はそう多くないと思います。ここではご自分の車にイモビライザーが入ってるかどうかを確認する目安をご案内いたします。運転席のダッシュボード付近にイモビライザーのインジケーターランプが着いています。キーをさしていない状態でこのランプが点滅または点灯していればイモビライザーが動作しているということになります。ただし、車種によってはセキュリティランプが無いものもありますのでセキュリティランプが無いからといってイモビライザー無しというわけではありません。他の見分け方としては、セキュリティマークのステッカーの有無などもイモビライザーがあるかどうかの目安になります。どうしても気になるかたはイモビライザー判別機を持っている鍵屋さんを探して確認していただくのもよいかと思います。

外国車のイモビライザーについて


最初に説明いたしましたが、海外では1997年から装着が義務付けられている関係でここ10~15年くらいの年式の外国車はほぼイモビライザーがあると思われます。またBMW、ベンツなどの一部の車種は合鍵を作ることが技術的に不可能なことも注意が必要です。