U9
トラブルの解決事例を見る
MIWAのU9シリンダーは、現在もっともポピュラーと言われる外溝キーのシリンダーです。マンションやアパートの玄関のみならず、様々な扉に使用されています。

U9シリンダーには旧式のものと新型のものがあります。もともと旧式のシリンダーはその普及率にも関わらずピッキング耐性やドリル耐性の観点から問題視されていました。熟練の鍵師であれば数分でピッキング開錠できるためです。

MIWA社では防犯対策のためにピッキングや破錠の耐性に優れた新型のU9シリンダーを開発し、旧型のものは廃版にしました。鍵がなくても鍵穴を除けば新型か旧型かわかるようになっています。旧型のU9は鍵穴が縦長になっており、新型のものは横長になっています。

新型のU9は外溝の鍵ながらピッキング耐性に非常に優れており、我々鍵師の中でも完全に開けれる者は少数です。鍵穴から鍵を作成する際も専用の機材が必要で、通常の空き巣対策としてはある程度十分と言えるでしょう。
ただし、U9のブランクキーは多数出回っており、良くも悪くも町の合鍵屋さんに持っていくとすぐに作れてしまうという特徴があります。
とはいえ、その使い勝手のよさと価格帯の安さで現在も一番普及している鍵の1つです。

外見は同じでもTOSTEM社製のドア用にはURという商品があります。基本的な機能は同じですが、見た目は「TOSTEM MIWA」と刻印されていたり、シリンダーの外側部分が楕円形になっていたりと若干の違いがみられます。また、生産ラインがU9よりも少ないため、価格帯も高くなっています。

当社ではU9の開錠や鍵作成に対応しています!